緑内障

主な対象疾患

求人のご案内

小暮眼科

患者の気持ち

携帯サイトQRコード

東京女子医科大学病院 眼科

緑内障とは

緑内障は、視神経が障害される病気眼圧によって視神経がおかされ視野が欠けてしまう病気です。

眼球の房水という栄養分を含む液体が、過剰に溜まった時に角膜がむくんで瞳が青みがかった状態になるため、緑内障と言われるようになりました。
緑内障にかかると、視神経が障害され視野が狭くなり、眼圧の上昇が起きます。

緑内障とは

緑内障は早期発見と適切な治療により、多くのケースでは一生十分な視野・視力を保つことができるようになっています。
失明するかもしれないという不安を抱きながら生活するよりも、自己管理をしっかりして「おかしいな?」と思った時はすぐに眼科医に相談して頂くことが大切です。

緑内障の視野障害の進行

初期

目の中心をややはずれたところに暗点(見えない点)ができますが、ご自身で異常に気がつくことは殆どありません

中期

暗点が拡大し、視野の欠損(見えない視野)が広がり始めます。しかし、この段階でも片方の目によって補われるため、異常に気がつかないことが多くなっています。

末期

視野が更に狭くなり、視力も悪くなって、日常生活にも支障をきたすようになります。また、更に放置すると失明に至る危険があります。

緑内障の種類と特徴

種類 特徴
開放隅角緑内障

・房水の排水部分である線維柱帯が徐々に目詰まりし、眼圧が上昇。
・自覚症状が遅く、病気の途中から視野の一部に見えない部分が出始める。

・多くは40歳以上から発病。
閉塞隅角緑内障

・隅角が狭くなることで房水の流れが妨げられ眼圧が上昇。
・50~60歳以上の女性に多い(男性の3~4倍)。
・遠視気味の人がなりやすい。

・開放隅角緑内障よりも眼圧が高くなりやすい。
正常眼圧緑内障

・日本人の緑内障患者の約6割近くを占める。

・眼圧は正常だが、視神経乳頭の陥凹が進む。
続発緑内障

・外傷、角膜の病気、網膜はく離、目の炎症など、他の疾患による影響で起きる。

・ステロイド剤の長期点眼や、糖尿病などによる網膜の病気によることが多い。
発達緑内障 ・生まれつき隅角が未発達であることから起こる緑内障。

緑内障の検査と治療

緑内障の検査方法

1. 眼圧測定

角膜に空気やセンサーを当てて眼球の固さ(眼圧)を測ります。
正常値は10~21㎜Hgですが、緑内障の場合は、21㎜Hg未満なら問題ないというわけではありません。視神経乳頭の陥凹の進行が停止するレベルまで下げるように治療します。

2. 隅角検査

眼圧が高いと分かった時に、その原因を調べる検査です。
隅角の状態を調べ、隅角が十分に広ければ開放隅角緑内障、狭ければ閉塞隅角緑内障です。

3. 眼底検査

視神経乳頭の陥凹を直接確認する検査です。
視神経乳頭の変化は視野の異常よりも先に現れますので、緑内障の早期発見、特に眼圧に変化が現れない正常眼圧緑内障の診断に有効です。

緑内障の治療方法

1. 薬による眼圧コントロール

点眼薬には主に以下の5種類があります。
まずは、薬で眼圧のコントロールをします。急性緑内障の治療では手術が第一に選択されますが、慢性緑内障で視野異常が進行していない場合は点眼薬での治療をします。緑内障のタイプや症状や視野異常の重症度によって2~3種類を併用することもあります。点眼薬だけでは効果が不十分な場合、内服薬を併用することもあります。

次に、急性緑内障の場合や薬物療法(点眼薬や内服薬)での眼圧コントロールが不十分の場合は、レーザー治療や手術を行います。

2. 緑内障レーザー治療

閉塞隅角緑内障(急性緑内障発作)に対する、レーザー光彩切開術(LI:Laser iridotomy)、開放隅角緑内障(正常眼圧緑内障)に対する画期的な緑内障の治療法、選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT:Selective laser trabeculoplasty)を行っております。
特殊なレーザーを虹彩に照射し房水の通り道を作成したり、線維柱帯に照射し房水の流出を促進することで、眼圧を下げる治療法です。

これらの治療はほとんど痛みもなく、外来での手術ができますので、入院の必要がありません。
特に選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)は従来のレーザー治療であるレーザー繊維柱帯形成術(ALT:Argon laser trabeculoplasty)と比較し、損傷をほとんど与えることなく安全性が高いため(レーザーエネルギーが約6000分の1と極めて低い)繰り返し実施することも可能となりました。
点眼をよくさし忘れる方、点眼にアレルギーがある方、点眼本数が多くお困りの方、なんらかの事情で点眼がうまくさせない方、点眼治療をしているにもかかわらず視野の進行が止まらない方には是非一度試していただきたい治療です。

SLTにより、緑内障点眼薬の使用回数を減らす、もしくは使用しなくても済む場合もあります。

3. 手術

房水の流れを妨げている部分を切開し流路を作って房水を流れやすくする方法や、毛様体での房水の産生をおさえる方法などがあります。
手術後には若干視力が下がることがありますが、眼圧は十分に下げることが出来ます。